記事の詳細

庄原市 リフォームを行う三城瓦興業では、屋根工事に「陶器瓦」と「金属軽量屋根」の2通りを用いています。陶器瓦とは、瓦の上に釉薬(ゆうやく)をかけて、窯の中に入れて高温で焼き上げたもので、釉薬の種類によっていろんな色づけができます。陶器瓦は、「J型(和風)」、「F型(平板)」、「S型」の3つのタイプがあり、その家の屋根の形状に合わせて使い分けることができます。陶器瓦は和風住宅、洋風住宅のどちらにも用いることが可能です。

金属軽量屋根の方は、自然石を薄くはいだ「天然スレート」と、セメントに繊維を混入して成形した「石綿スレート」に分かれます。瓦に比べれば軽量で施工しやすいことから、地震対策として家に重さのかからない金属軽量屋根をご利用になるご家庭も増えています。金属軽量屋根は形と色が豊富で、安価なことから広く普及しています。

株式会社 三城瓦興業
http://miki-kawara.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る