記事の詳細

中山マコト氏が推進する女性の起業方法を紹介しているのがMystyleなのですが、最近は女性も社会進出することが多くなっています。しかし、実際はまだ男性の方が圧倒的に経営者の数が多くなっているのが現状です。やはり男性が社会に出て働き、女性が家庭を支えるというのが日本社会には合っているのでしょう。ただ、母子家庭の人などは働かなければいけませんし、不景気な上に政治も増税や物価高で生活が苦しいという家庭が多い現在では、女性も家庭を支えるために働く必要が出てきてしまう場合があります。そこで中山マコト氏が推奨するMystyleが役に立つと言えるでしょう。Mystyleというのは、女性の才能を発揮させ、個性を生かせる起業方法をまとめて解説しているものです。いきなり株式会社として出発するのではなく、自宅で個人事業として始めることもできるので、家に居ながらにして仕事ができるため、家事や子育てとの両立も可能です。もちろん大きな会社にしたいと夢見て起業するのもよいでしょう。重要なことは自分は何をやりたいのか、どれだけ収入を得たいのか、自分は何に向いているのかということを知ることです。まずは目標を立てて起業してみてはいかがでしょうか。Mystyleは、このような起業したい女性を支えるために存在しているのです。いかに自分の個性を生かすことが大切なのか、Mystyleを読んでいくと分かってくるでしょう。Mystyleは自分らしさという意味でもあります。

起業というと、何か難しい感じがすると考えてしまう人もいるでしょう。また、同時期に同じような業種で起業した人と競い合ってかつ必要があるという考え方をしている人もいます。しかし、中山マコト氏のMystyleでは、ライバル業者と競い合う必要はないということも解説しています。よくお互いに競わせることでよい商品ができる、競わせることで技術を高めていけると発言する人もいますが、これは日本の文化や風習に適してはいませんし、グローバリストの考え方だと言えるでしょう。ライバルに勝つために、自分の持ち味や最初に立てた目標、長所を捨ててしまうようでは何も意味はないと中山マコト氏は解説しています。重要なことは、自分の個性を生かすこと、自分らしく仕事ができることなのです。起業は相手と対戦するスポーツではありません。どうせ仕事をするのであれば、自分の好きなことを気持ちよく行いたいと考える人が多いでしょう。Mystyleはそのために作られたマニュアルだと言っても過言ではありません。そこで自分らしく、女性らしく働くためには、どのような起業をするべきなのかが重要なのですが、もちろん起業に必要な知識や技術、そして機材などが必要であれば、ある程度の投資をする必要も出てくるでしょう。しかし、それ以前に個性を生かした自分だけの自分に合っている起業をすることで、より成功しやすくなるのです。誰でも自分の嫌なことを仕事だからと割り切って、仕方がなく行うよりも、自分の好きなことを行う方が集中できますし、やる気も出てくるでしょう。これが中山マコト氏が最も重要視している点になるのです。

最近は何をやってもうまくいかない、自分には何も取り柄がないと自暴自棄になってしまう人も多いと言えます。それは男性だけではなく、女性も同じだと言えるでしょう。中山マコト氏のMystyleでは、取り柄がない人はいない、スキルがなくても大丈夫と解説しています。取り柄がないと思っている人は、自分を知ることができていないだけです。スキルがないのであれば、これから努力して身に付ければよいのです。誰でも最初は初心者なのだからと前向きに考えることで、どんどんやる気も出てくるでしょう。そして自分が行った仕事によって、誰かの役に立っている、自分に仕事をくれるということは、自分を必要とする人がいるということでもあります。このような前向きな考え方をすることで、起業した後もどんどん軌道に乗っていけると言えるでしょう。もちろん今まで社会人として働いてきた経験も重要です。中山マコト氏も経験はあなただけのものであると言っていますし、どのような小さな経験でも役に立つことはあります。しかし、中山マコト氏は昔取った杵柄がなくても大丈夫とも言っているのです。これでは矛盾していると考えている人もいるでしょうが、スキルがなければないなりに戦略を立てることもできますし、好きなことを1から取り組むこともできるでしょう。この努力も経験の1つなのです。だからこそ中山マコト氏は、昔取った杵柄などなくても平気だと言っているのです。近年は昔に比べて起業しやすくなっているので、女性の経営者も増えていると言えるでしょう。今後増え続けていく女性の起業について参考になるのがMystyleなのです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る