記事の詳細

さいたま市 腰痛治療のおおみやを経営している鈴木院長には、養護学校に勤めていた経歴があります。日本臨床動作学会が認定している臨床動作士の資格と、日本リハビリテイション心理学会が認定しているスーパーバイザーの資格を取得しています。鈴木院長がはじめて動作法を知ったのは、障がい者の動作改善法として利用されていたことからです。養護学校で動作法に興味を持った鈴木院長はそれ以降、心理療法として動作法の研究を開始します。

動作法ははじめこそ、障がい者のための動作改善法として開発されましたが、その後、腰痛や肩こりなどにも効果がみられることがわかります。さらに、動作法は身体の不調だけにとどまらず、うつ病や統合失調症などのこころの病にも利用されることとなり、高齢者やスポーツ選手などの間に広まって、現在に至ります。

動作法 おおみや
http://dousahou.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る