記事の詳細

金村産婦人科は、昨今における産婦人科が減少傾向にある中においても、積極的に医療に携わっており、多くの人からの信任を得ています。人の命の現場に常に居合わせることへの使命感と責任感のもとで、常に患者に寄り添い続けているのです。少子高齢化の波が容赦なく押し寄せてきている昨今においては、産婦人科医への期待感は高まる一方となっています。生まれてくる新しい命は、ただ単に、その家族にとっての宝物であるばかりでなく、日本の将来を見据えた上でもかけがえのないものといえます。

金村産婦人科は、多くの医療経験を積んで、格闘競技の場での診療にも定評のある院長のもとで、地元住民はもとより、多くの人に愛されるクリニックを合言葉に診療を続けています。金村産婦人科は、院長を筆頭にして、多くの医師がそろっており、あらゆる事態に対応できるような体制づくりに余念がありません。ただでさえ、妊娠や出産には、大きな肉体的負担がかかりますので、医師や医療スタッフが万全な状態にあることは、何とも心強いといえます。また、同時に妊娠期間中は、さまざまな精神的ストレスを抱えていますので、いろいろな相談ができるという点も大きなメリットといえます。

金村産婦人科の施設内は、清潔感にあふれていることはもとより、エレガントな雰囲気を醸し出しています。待合室やキッズルームをはじめ、個室やパウダールームにいたるまで、ホテルのような感覚が味わえると評判です。ママになった方や新しく生まれたきた赤ちゃん、その親族などへの心からのおもてなしの一環ともいえるこの取り組みは、性別や世代を超えて好感が持たれています。

また、金村産婦人科が注力しているものとして、お母さん教室があります。このお母さん教室は、妊娠期における、食事の摂り方をはじめ、分娩時の呼吸法、出産後の生活への助言など、あらゆる面からの助言や心構えについて、懇切丁寧に学ぶことができる機会として、多くの女性に受け入れられています。これらの機会によって、安心安全な分娩が行われ、次回の分娩も金村産婦人科にお願いしたいということになるのです。妊娠や出産に伴うさまざまな取り組みを通して社会にも貢献をしている金村産婦人科ですが、むろん、何よりも優先されるべきは、妊婦や生まれてくる乳児の安心安全であることへの考え方には何の揺るぎもありません。一つ一つの積み重ねが信頼につながっていくことの大切を最も痛切に感じるのが、医療の現場です。

医療法人社団昌静会 金村産婦人科クリニック
http://www.kanemuraclinic.com/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る