記事の詳細

春次賢太郎は、日本絵画を紹介するホームページを運営しています。西洋画と比べて日本画は難しい部分も多く、格式も高くなっているので、どうしても初心者の人が興味を持ちにくい分野になっています。しかし、春次賢太郎が運営するホームページは、日本画を中心に紹介している初心者の方に向けてもわかりやすく情報を提供しているホームページですので、日本画の知識が無い方でも安心して楽しむ事ができます。

春次賢太郎自身は、ホームページの更新は、パソコンの知識も無かったのでホームページを運営するなんて事は考えもしなかったのですが、息子夫婦が誕生日に送ったパソコンとデジタルカメラをきっかけに、ホームページに興味をもったみたいで、近所のパソコン教室に通いながらホームページの基礎を学んでいきました。HTMLなどの基本的な言語を学びながら、徐々に知識を習得して行きました。

最近のホームページは、0から作る必要がなく、ある程度的上がっているテンプレートを利用して作成する事ができますので、半年後には現在のホームページの原型を作ることができました。その後、パソコン教室で簡単な画像加工の方法を学んだり、息子夫婦から、タイピングソフトをもらったりなどで、徐々にパソコンに対する知識と技術を付けて行きました。春次賢太郎がホームページ以外で行っている、春次賢太郎の日常生活について書かれているブログを更新して行っているのも効果があるのだと思います。タイピングも指一本で行っていたのが、遅いながらブラインドタッチを行えるようになり、ホームページも充実してきています。

春次賢太郎が運営しているホームページは、他の日本絵画を紹介しているホームページと違い、かなり深くまで紹介している事でも有名になっています。日本絵画と言うのは、西洋画と違い、昔から日本の風土で出来上がった作品ですので、より身近に感じる事ができます。日本特有の四季折々の風景も楽しめる他、日本画から歴史を感じ取る事ができます。美術的な楽しみ方をしながらも、歴史的な解釈を感じ取れる為、歴史的な見解から楽しむ方も多くいらっしゃいます。春次賢太郎は、初心者の方にも多角的な楽しみ方をして欲しいと、他の美術品を紹介しているホームページよりも詳しい内容を紹介している部分があります。楽しみ方は人それぞれですが、受け皿は大きい方が良いというのが春次賢太郎の考えですので、詳しく知りたい方には、春次賢太郎のホームページはおすすめです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る